電話占いの歴史と今後

電話占いの歴史や変遷

電話占いはここ最近非常に人気のある占いとなっています。インターネットの人気口コミランキングでも常に上位に君臨しており、多くの人が利用していることをうかがい知ることができるのです。しかし電話占いはここ数年間で急に出現した鑑定ではありません。1980年代にはすでにダイヤルQ2を利用したものが存在しました。しかし当時は携帯電話が普及しておらず、自宅電話や公衆電話からしか鑑定をしてもらうことができず利便性の悪いものでした。また当時は通話料が非常にかさみ、女子高校生などの利用で家族に費用の負担をかけてしまうとして、あまり普及せずに90年代には衰退を見せていたのです。しかし現代になり携帯電話やスマートフォンが一人一台の時代になり、今度は気軽にどこからでも好きな時間に電話をかけ相談できるとして利便性が高くなり人気の占い鑑定になっていったのです。

今後についての動向予測

そのため電話占いは幅広い年代の人々に利用されるようになっています。女子高生の恋愛相談や進路相談をはじめ、離婚や不倫、家庭内暴力などあらゆる生活上の悩みを電話占いで相談する様になっているのです。電話占いは先生と面と向かって鑑定しないので、こうした深刻で根深い問題も赤裸々に相談できるのが魅力なのです。また介護や病気療養中、育児の人たちにも電話占いは占い相談の門戸を広げ、役立っているのです。いわゆる、こうした社会的弱者の人こそ、心の拠り所や救いを求める傾向にあり、電話占いは多くの人々のメンタルクリニック的立場になっているのです。今後はますます高齢者などの利用が目立つ様になると予測できます。核家族化が増え、孤独で寂しい高齢者も多く、電話占いはこうした人の傍らによりそって癒しになってくれることでしょう。